2010年10月11日 (月)

メタルギアソリッド4

メタルギアソリッド4をクリア。
これ買ったのいつだったっけなー。PS3を買って、ディスプレイを買う前だから、4月末くらいか。
半年もかかってる。

と見せかけて、実際に遊んだのは4日程度。
ディスプレイ買った日と翌日に3章まで進めて、ここ2日で4章5章をやった。半年放置していたわけです。

なんかこう、ゲームの区切りがあいまいで、途中でセーブしたり止めたりっていう気にならない。始めたら一気に遊んでしまいますね。おかげで最初の2日で17時間やっちゃって、連休を潰したんだった。
クリアタイムが25時間だったので、記録されてない時間も含めると、最後の2日でも10時間くらいやってる計算になりますね。
うへー

メタルギアソリッドシリーズは、戦闘になると基本的に勝てないので、敵に見つからないように隠れながら進むわけですけど、
1と2はレーダーに視覚にいる敵や敵の視界まで表示されてたりしたので割とサクサク進めてたんですが、3と4は目視で何人いるかもわからない敵の位置と向いてる方向を確かめながら進まなければならないので、潜入の雰囲気は増した一方で、慎重派の私なんかは1エリア踏破するのに30分も1時間もかかるようになってしまいました。
楽しいんだけど、かなり疲れます。
潜入の雰囲気はまあだいたい3と似た感じです。

あとボス戦が、これも長い。
いや、これは私がいちいち持久戦を仕掛けたりとか弾切れになったりとかしてたせいですけども、長かったー。
ドレビンショップなんて便利な機能を活用しだしたのは4章からです。あれいつから使えるんだっけ超便利なんだけど。

ストーリーは、1~3のというかソリッド・スネークが出てくるストーリーの総集編って感じで、過去作を知らないとどうなんだろうなぁ。相変わらず話が長いので、過去作を知らないと会話の部分が退屈かもしれない。

あと、操作が結構変わってたから最初戸惑いました。見るだけのつもりが間違って発砲しちゃって敵に見つかったりとか。
慣れると結構動きやすくていい感じです。特に戦闘が、なんかそれっぽい動きができていい。いやメタルギアで戦闘なんてしたくないですけども。

非常に面白かったんですが、半年も放置してた理由は「一度始めるとやめられないから」ってところです。
でも面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

何か面白いゲームありませんか

ヨドバシカメラのゲームコーナー歩いてるときに、「何かDSで面白いゲームないかな」ってTwitterに書いたら色々教えてもらった。

翼P「ゴーストトリック!」link
ツマキ「つラブプラス+」link
白幡弥彦「メテオス、立体ピクロス、数陣タイセンあたりオススメ」link

答えてくれる人がいる私は幸せ者である。
みなさんありがとう。

で、

『ラブプラス+』は、いいんだけど前作結構遊んだし、あれ買うと他のゲーム遊べなくなるのでとりあえず却下。
『メテオス』は実はだいぶ前に一度貸してもらって、あんまし向いてない感じだったのでまあいいや。
『数陣タイセン』は売ってなかった。

ってことで、『ゴーストトリック』と『立体ピクロス』を買って、とりあえずかねてより気になっていた立体ピクロスを遊んでました。

なんやかんやで一日30分~1時間くらいしか遊んでなかったもんで、1ヶ月も遊べてしまいましたね。問題数は豊富です。
中級の後半とか、上級のレベル9とか10とかは結構というかかなり難しかった。
というか上級レベル10の最後の問題と金の問題はついにパーフェクト取れませんでした。時間が足りない。この2問だけで1週間くらい遊んでたんだけどなぁ。

ちょっとした空き時間を埋めたい人にはちょうどいい感じでした。

で、今はゴーストトリックをやってるんですけど、
なんかノリが『逆転裁判』だなぁと思ってたら同じ人が作ってたんですねこれ。
言われてみれば効果音とか同じ感じだし。

これも結構面白いです。
登場人物の動きがぬるぬるしててなんか微妙におかしいし。

まだクリアしてないけど割とオススメ。


あとDSといえば、いつの間にやららワギャンが出ていたらしくて、白幡さんが買って遊んでみたらしいですけど、ちゃんとワギャンしてて面白かったそうです。

『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』
http://wagyan.namco-ch.net/


というわけで、引き続き面白いDSのゲームは募集中です。
できればエンディングで終わるやつがいいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

A列車でいこうDS

『A列車でいこうDS』を買いまして、ちょいちょい遊んでおりました。
最近はどうも、DSが気楽でいい。移動中とかにも遊べるし。

そんでさらにA列車がいいのは、放置する時間が長くて、さらに眺めてるだけでも暇つぶしになるってところですかね。
タイマーを設定してたらDS閉じてる間も指定日時までゲームを進めてくれる機能があるので、1日30分とかでもちゃんとゲームが進む。
都市とか地図とか電車とか大好きな私にはもってこいなゲームでした。

シムシティみたいに直接街を作るのもいいけど、交通網を使って街を発展させていくという、この間に1枚挟んでいる感じがすごくいいわけですよ、地図好きとしては。

で、えー、この『A列車でいこう』ってのは、鉄道会社を経営するシミュレーションゲームです。
鉄道会社経営といいつつ、今作では道路を敷いたりトラックやバスを走らせたりすることもできるので、なんというか、街の交通を一手に担う感じ。
さらに子会社を増やしていくと、子会社が経営するマンションに住んでいる住人が我が社の電車に乗って、子会社のオフィスや工場に働きに行き、休日は子会社が経営する遊園地やボウリング場に行くという、すごくマッチポンプな感じになっていきますが、まあそれは先の話として、

基本的に、鉄道を敷いて人の流れを作り、それにより駅周辺が発展して、それにより鉄道の乗客が増え、その収益でまた鉄道を敷くという、そんな感じです。
ストーリー的には、自治体とかの要望で「この街をなんとかしてください」って言われて、それに対して鉄道網を整備して問題を解決するって感じ。

自分でウネウネ敷いた鉄道を電車がいったり来たりして人を運んでいる様子を眺めてるだけでも結構楽しかったりする。

ただちょっと、このDS版だと細かいダイヤ設定ができなくて、
いやまあ細かい設定は色々あるんですけど、往路と復路でダイヤ設定が共通化されるっていうのがかなり致命的で、例えば1本道を往復している路線で「午前6時に発車」って設定にすると、復路でも「午前6時に発車」になってしまうので、2日で1往復しかしないという事になってしまう。
これのおかげで、あんまりまともなダイヤが組めない。
結局環状線でピストン輸送が一番効率いいし楽だよねって事になって、やってみると今作では環状線の威力がなんかものすごいのであっという間にクリア条件達成してしまう。

まあそんな感じでございましたので、マップを3つ4つクリアしたところでもういいやってなって今に至るといったところです。

飽きたけど面白かった。
出てもいないA列車DS2を買う夢まで見たので、あー次回作出ないかなぁといった感じ。

プレイ中、Twitterにぼちぼちログを書いてた。
http://twilog.org/tweets.cgi?id=nada_wagahai&word=A%E5%88%97%E8%BB%8ADS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

久々に

放置しすぎてスパムコメントが溜まってた……。
紙に書いた記事が一応大量にあるにはあるんですが、テキスト起こしめんどくさいという感じですね。

あれからゲームに関して言えば、MGS4とA列車DSを買って、
MGS4は3日で20時間くらい遊んだ後、まだクリアできてない。
A列車DSはホント最近買って、まだ2ステージ目とかそんな感じです。DSは移動中とかにちょいちょい遊べていいですね。

記事にしたいとこだけど、どうかな。
MGS4がなー、面白いんだけど、始めると1日中遊んでしまうので、なかなか手がつけられないというか。

ACE6がまだまだまだまだ面白くて遊んでます。
なんやかんやで機体半分くらい買っちゃってるかもしんない。アイマス機体ももう全部買っちゃって特徴まとめ記事とか書いちゃうのも面白いかも。最近はアイマス機体使ってませんけど。
攻略wikiが消えちゃって寂しいですね。

ラブプラス+は買いませんでしたが、秒殺さんとリビッツさんが遊んでるらしい。


あとは、5月下旬に白幡さんにそそのかされてマイダーツを買って、それから毎週のように遊んでます。
白幡さんとはホント毎週のように遊ぶようになりましたね。

面白かったのが、白幡さんの話っていうかブログの記事にちょいちょい出てきてた克晴さんっていうか克兄さんって呼ばれてた人、
私が初めてというか今のところ唯一行った同人誌即売イベント、アイドルマスターオンリー「My Best Friend 3」で、全身タイツでののワさんをやってた人がいて、それが克さんだったという。
白幡さんに「餃子食いに行こうぜー」って言われてホイホイついていったらそんな変な出会いがありました。

あとムチムチ仮面さんっていうかムチカメさんっていうか、なんか本来のHNは画数の多い漢字だったと思うけども、白幡杯の頃の人とも会ったりして。克さんもそうだっけ?


灘組の面々とは、突発でしか会わないっていうかほとんど会わないけども、あれだね、仙丸さんとかみぎしとかが私がいないところで会う時に「灘組」って名前を使ってるのを見て、名前って便利だなぁと思った。
アイマスライブがあったので私と秒殺さん以外は集まってたらしいですけど、私はそのころ箱根で温泉に入っていたのだ。
温泉は幸せですよね。


ゲーム以外だとそんな感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

横浜オフ

話してて気づいたんですけど、言われてみると付き合い長いってレベルじゃないな。このブログ始める1年ちょい前から知ってる

し、出会ってからは7年くらい?
ただし会ったのは5年前と1年前に1回ずつ。
白幡弥彦と愉快な仲間たちと遊んできました。

白幡さんデカいから待ち合わせに便利ですね。
街で強すぎる目力を強いメガネで緩和している風なデカい男、もしくはボウリングしている馬を見かけたらそれが白幡さんです

メンバーは、白幡さん、レオさん、如月さん、ムチムチ仮面さんと私の5人。
ムチカメさん、本当のHNはなんか画数が多かった気がしますけど、もうこのすげぇ名前が定着しちゃってますね。いいのかそれ

で。今更か。ってかあれも何年前だっけって感じですけど。

中華街で色々食って、ボウリング、カラオケ、ラーメン、ダーツと、とりあえず白幡さんと遊ぶって言ったらこれだろうという

事は一通り全部やった感じ。

ボウリングでは、噂の馬ボウラーをついに生で見ましたよ。
っていうかカメラに収めました。
『馬、猛る‐ニコニコ動画』 http://www.nicovideo.jp/watch/1273183661
『馬、ゆっくり動く‐ニコニコ動画』 http://www.nicovideo.jp/watch/1273185612

あれです、足元どころか前もあんまし見えてないらしいので、うっかりレーンを踏んでオイルで滑ったりすると大変危険ですので、真似しないでね!!
白幡さんは特殊な訓練を積んでいるので大丈夫ですが、今回ついに店員さんに怒られたので見納めです。

前もよく見えないってのは、白幡さんは眼鏡っ漢なので曇って見えないらしいです。その、中で。
じゃあどうやって投げてるのかというと、そこはさすがの白幡さん、アベレージ180は伊達じゃない。1投目は心眼で、2投目も心眼らしいです。バカじゃねーの!

私は結構調子よかったけど、馬のハンデがなくなった白幡さんがもう雲の上でした。
とりあえず、5年前に初めて会った時にもボウリングやったんですけど、その時に私が会得した「どストレート投法」に磨きをかけたものを今回見せられて良かった。
さすがに5年もあると2回くらいマイナーチェンジしてるんですよ。結果は同じだけど、腕の負担が少ないとか色々。

カラオケでは、1人が歌ってるまわりで残りの4人が太い声で合唱するという大変暑苦しいものでした。

あと、ダーツ。
これも本当に1年前に白幡さんに教えてもらいながらやって以来だったんですけど、5人でやるとまた面白いですね。最初のときは2人だったので。
私とムチさんが初心者だったのかな。でも割とちゃんと戦えてたし、やっぱ手軽で面白いですね。ボウリングとともにちょっとした遊びの選択肢に入れてもいいかも。

で、ダーツはハマると面白そうかなぁと思うので、今度マイダーツ買ってみようかなぁとか思ってます。パーツ選ぶのも楽しそうだし。変なフライト作ったりしたい。
いやそれはいいんですけど、せっかく後半うまくなってきてたので、忘れないうちにまた遊びにいきたいなぁという話で。
あの、やっぱりこの何というか、動きというか投げ方を説明するのって難しいですよね。自分専用なら「1年前に隣で投げてた白い服の女の人を思い出せ」とかでいいんですけど。
いや、投げ方きれいだったんですよ。それ思い出したから後半覚醒してたのよ。

まあそんな感じで。

おまけで、ダーツバーのある建物のキャンペーンか何かでちんちろりんに挑戦しようとしたらサイコロがまさかの二十面体で「そりゃ無理だわ」って空気になったものの3個中2個が合うという非常に面白い展開があったりしたわけですが、私はその近くにあった「イベントチケット販売中」のポップに「今井麻美」の文字っていうかモロ写真が載ってたのが気になってそれどころではなかった。
あれ買っときゃ昨日はMGS4を8時間やるとかじゃなくてミンゴス……っ!!!

実のところさほど興味は無いんですが、いまだにアレの後遺症は続いています。名前や顔を見るたびに一瞬理性が飛ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

はじめての同人イベント

5月3日に開催されたアイマスオンリー同人イベント『My Best Friend 3』に行ってきました。

本当は特に行く気もなくて、当日も昼までぶらぶらしてたんですが、Twitter見たらみぎしーが行ってるって言うし、ptyannPも会場内をうろついてるようなこと言ってるし、Twitterやらpixivやらでちょいちょい絡んでる秋月伊槻さんもフッタにスペース告知つけていらっしゃるし、
ということで、こっそり潜入してきました。
ちょうど銀座をブラブラしてたので、そのまま徒歩で。意外と近いのね浜松町。

さすがに本当にまるっきり初めてなので、入るのにかなり緊張しました。
というか同じ建物でいくつか同時にイベントやってたみたいで、どこかわからずに階段で1個ずつ上がりながら探してたら一番上の4階で開催されていたよ。
この時点で体力は既にレッドゾーンだ。

でもまあ入ってしまえば楽なもんで、1周する間にptyannPを確保してぶらついておりました。

なんというか、本当に下調べも何もしてないから何が何だかさっぱりわからんけども、開始からもう3時間くらい経ってたし、なんとなくサークルの人達もまったりしてて、面白そうだなぁというか、これ会場直後とかどんなんだったんだろうとか。

ポップとか小物とか、色々展示されてる方もいらっしゃって、見てるだけでも割と面白かったですね。
あと、PSPがディスプレイとして活躍してた。そういえば前にみぎしーに会った時もPSPで新作見せてもらったし、こういう使い方もあるんだねぇ。

あと、コスプレの人も結構いらっしゃって、あら美希かわいいとか思ってたらそれを撮ってる律子の人もかわいかったりとか、また別の律子の人がかわいかったりとか、涼ち

んの人がかわいかったりとか。
そういや帰りがけに春香さんのパンキッシュゴシックな人がそのまま帰ってましたけど、あの服が似合うってかっこいいよな。

まあそれはいいとして、
とりあえず秋月伊槻さんのスペース見つけてあいさつして、新刊はさすがに売り切れてたので1年前の本を買う。初買い物。
なんかあれだね、そりゃ楽しいだろうよ。書いた人の手渡しだもん。逆からすると渡せるんだもんな。
なんてことをなんとなく考えつつ、
秋月さんの漫画は結構好きでpixivで見てたんですけども、Twitterで、ほとんど「おはようございます」程度ですけども会話してたらなんとなく親近感が沸いてきて、東方でもアイマスでもいいからいつかイベントに潜入して挨拶しに行こうと思っていたところで、その企みが思いのほか早く実現できてよかったなぁとか。
で、いきなりおしかけて「はじめましてnadaです」ってあいさつしたら逆に「Twitterでのつぶやき面白いです。楽しく見てます」とか言われちゃって嬉しいやらなんやら。

いや嬉しいよそりゃ。
いろいろ手を出してはいるんですけども、やっぱり一番力を入れてるのはこのブログとかTwitterとかの日記部分だから、そりゃほめられたらうれしいよ。うれしいですね。うれしかった。

あとは適当にまわりつつ、あーなんかpixivで見た事ある絵の人がいらっしゃるなぁとか、しゃどさんいらっしゃったけどりっちゃん描いてる途中だったし確実に一方的にしか

知らないしさすがに話しかけられなかったりとか、そんな感じ。

で、この辺からはイベント関係なくなっていくんですが、

そんなこんなでみぎしーことミギシタPと合流したわけです。
そしたらいっしょにいらした柏城P、なでP、スパイ108号さん、あめちさんとも合流しました。ここら辺初対面の皆様。
柏城さんには前に一度お会いしましょうって言われていたんですが、まさかこんなタイミングで会うことになるとはというか。こんなもなにも動いたのは私の方なんですけど。

スパイ108号さんは、ニコニコですごい量のマイリストを使ってニコマスのおすすめ動画を紹介されてるので有名な方なんですけど、Twitterでは互いにフォローしてるっぽい

し、気軽に「こんにちはー」って話しかけてみたんですけど、「灘さんってあの千早手描きの灘さんですか? 時々見てますー」とか言われてビビった。そういう言われ方をすると緊張する。
そうか曲がりなりにももう舞台に上がってる側でもあるんだなぁ。劇場に入ってすらいない気分でいたけど、そりゃ通らないわな。
とりあえずビビっておりました。

まあそんなこんなありつつ、結局夜にはみぎしー、柏城さん、なでさん、あめちさんの集まりに紛れ込んで飲んできましたとさ。
めでたし、めでたし。

何を話したんだかよく覚えてないですけども、途中からはみぎしーが盛り上がってて楽しかった気がする。何言っても「かわいい」って締める方向に持っていくし。

みぎしーとかっていうか素面のミギシタPに、私がこういうイベントに顔を出すのは珍しいとか言われましたけど、今回は顔を出しといてよかった。ホント途中から即売会が全然関係ないんですけど。

名刺作れって言われたけど、名刺なぁ。今後もこういう所に顔を出す機会は、無くはないだろうけど、うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

仕事のサボり方

真面目そうに振舞わなきゃならない時もあります。

例えば仕事中にネット見たりとか会議中に携帯で遊んだりとかができないって事がある。私もここんとこそういう場面が増えてまいりまして、私としては本当にとにかく暇なんですが、なんか仕事してる風を装わないといけないし、というかそもそもネット環境無いし……。
という状況に置かれて、ここへきて半年くらい前から手帳代わりに使うようになったノートが大活躍していて。

今までは買い物リストとか普通のメモとかやりたいくないことリストとか、そういう用途としてはもちろんそれなりの活躍をしていたんですけど、最近は日記だか雑記だかよくわかんないページが格段に増えてきた。
何書いてるのかっていうと、日々の生活の中で何か少しでも心に引っかかる事があれば、今まではTwitterに書いてたんだけど、今はそれができないのでノートに書く。
ノートに書いてると一見サボっているようには見えなくて素敵です。

内容は、前述のとおりブログやTwitterと同じようなものです。

後で展開するかどうかは関係なく、とりあえずテーマを上の余白のところに書いておいて、見開き2ページくらいは空けておく。
最近ので言うと、「桜」「体験版」「京浜東北線」「世界樹3」「ゲーム機でWebを見る」「ゲームアーカイブス」なんかがある。これらはそのうち記事になるかも。
で、文章でも箇条書きでも絵でもいいんで、思ったときに思った事を思ったページに書いていく。まあだいたい書き始めると2~4ページくらい埋まって記事1個分になっちゃうんですけど。埋まらなかったら、それはそれでいいのでそのまま放置。
で、ネタが十分に出てきたら、もう一度ブログの記事風に書き直したり、いっそそのまま投稿フォームに打ち込みながら推敲したり。

だいたい私が書くネタはいらない部分が多いので、この段階で結構削れたりします。まあ記事にした段階でも多いんですけど、下書きだと本当にどうしようもないネタがまぎれてくる。そういうのはそういうのでまとめて書きたいので分離しておく。

とりあえずここまでやっておいて、今まではPC無かったんで打ち込むのが面倒で、「投稿は後でいいや」とか思っているうちにまた書き直したくなってきて書き直したりしていました。
一番書き直しててまだ完成形ができてないのが「京浜東北線」なんですけどね。これだけで一体何ページ消費したことか。毎回ほとんど似たような事を書いてるんですけどね。

で、そんなことを1ヶ月もやってるうちに、「あ、手帳ってこういう使い方するんじゃないの?」なんて事を思い始めた。

世の中の人が手帳(notスケジュール帳)にいったい何を書いているのか知らないんですけども、なんかこれは、頭の中を整理するのにいい気がする。特に私のように気が散りやすい人には。
どうせ継続した大きなテーマなんて持つほど気が長くないし、それゆえに短い間隔で同じテーマに何回も戻ってくるのはわかってるんだから、記録しておけば同じテーマに戻ってきたときに一歩か半歩か少しでも前進するかもしれないよね。

例えば買い物リストなんて、思いついたときに書き足しておかないと、「あーせっかくスーパー行ったのにたこ焼きに気をとられて洗剤買い忘れたー」とかいう事になるじゃないですか。洗剤が無い事に気づいたら即座に買い物リストに「洗剤」って書かないと。
ブログに何か書こうというのも同じことでしょう。
というかこの点は仕事も遊びも同じですよね。絵でやってみたいこととか動画でやってみたいこととか、やるかどうかは別としてそういうページも私のノートにあります。

最近私は1つのことをじっと考えるのが苦手というか、すぐ飽きるようになってきたので、こういう風にちょいちょいかけるのが合ってるのかもしれません。
こういうHOWTO本とかありそうだよねぇ。

実際この記事もそんな風にして出来上がってるんですけども、いやホント暇なんだよねぇ。どうしたもんか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

PC買った

ちょいちょい書いてましたけども、PC壊れてるんですよ。2月中旬くらいから。
で、今までずっとそのまま放置していたわけですよ。

どういうことなのよ。PCの無い私に社会的に存在価値あるの?
いや、あんまし無いのは事実なんですけども、まあー、「家ではPCなんて触らない主義」というストイックなキャラを演じる事でなんとか今までやってきました。
最近出会った人とかに「家にPC無いです」って言った時の向こうのリアクションはいちいち非常に面白かった。

まあそんなのはどうでもいいんですけど、PC買いました。
今回はちょっと金かけて性能を追い求めてみた。

実のところ壊れたPCは非常に性能がヘボくて、まあ、ニコニコの最近の動画はだいたい見られない。というか、Twitterクライアントとニコニコを同時に開いていると、Twitterクライアントの新着取得時にニコニコの動画がカクつくとか、iTunesで音楽流してたりするととてもニコニコなんて開けないとか、まあそんな有様で、よく今までやってきたなぁ。どうせメインの作業はWeb閲覧とテキストファイル編集程度なのでそれでもよかったんですけど。

とにかく買いました。
せっかくだから、SSDを積んでみたり、i7にしてみたり。
「りろんはしってる」って状態からようやく脱却です。
いや、そんな別に使うようなプログラムを書くわけでも使うわけでもないんですけどね。
相変わらずWeb閲覧とかテキスト編集が主だと思います。テキスト編集っていうかプログラミングですけど。

あ、借りてるサーバの鍵どこやったっけな……とか、今いろんな物が見当たらなくて困ったりしてるところです。
引越し直後みたいですね。
うん、引越し直後もこんなふうに、どのダンボールに何を入れたか忘れて部屋を散らかしまくったね。
やってることは何も変わらない。

明日からたぶん怒涛の日記ラッシュになる、かなぁ。どうせ酒飲むのでやらない気もしますが、ネタだけは溜まってるので、久々になんか色々書くかもしれません。
どうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

冷蔵庫オフ

引っ越して、「まだ冷蔵庫ないよ」って言ったら、秒殺さんのつてで冷蔵庫もらえる事になり、ぽんぬさんに車を出してもらって、「私の部屋に冷蔵庫を運び込むオフ」が開催されました。
オフっていうか、冷蔵庫運んだだけですけど。

まあその間ずっとアイマスの面白さだとかアイマス2はどんな風かとかしゃべっててそれはそれですごく面白かったんですが、それはまたの機会に。

で、「冷蔵庫がうちにやってきたぞー!」って言ったら、何人かから「これでビール冷やせるね!」って言われて、いや、うん、まあ確かにそれがメインの使い方になるかもしれないんだけども、なんか私のキャラも固まってきたもんだなぁ。
いやうち1人は秒殺さんなんですけど。
確かに今もビール風なものが冷えてるっていうか飲んでますけど。

ということで、これでようやく、テレビはtorneで代用してるけど、家電が揃った。
あとはPCさえあればもう完璧……なんですが、ちょいと引っ越しだなんだかんだで懐事情的に6月まで買えないかもしれない。

特に今のところブログに長文を書くのがめんどい程度(最近のは携帯で書いてる)で意外に困りはしてないんですが、PCの無い私って実のところ社会的にあんまし意味無いのよね。
「家でまでPC使いたくない主義」とかならそれはそれでカッコいいんだけど、プログラミングは趣味でもあるしな……Webの色々メンテしたいし……。

そんなところ。
冷蔵庫と運搬ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

シレン4

DSのシレン4を買いました。
3月中旬あたりからボチボチ遊んでいるんですが、たぶんまだ序盤です。

シレンシリーズはちょいちょい遊んでいる気はするんですが、ちゃんと遊んだのはGBの「砂漠の魔城」だけでして、これは一応ストーリーはクリアして、その後のダンジョンを少し遊んでおわり。

正直言って、みんなが言うほどハマるものでもないかなぁといった印象。「砂漠の魔城」の評判がどんなものだったのか知りませんけど。

でも今作はなんか、自信を持って勧められるという話をいくつか見ましたし、実際に知ってる人が何人かハマってたので私も買ってみました。

で、結果はというと、1カ月経ってまだ序盤じゃないかなぁとか言ってる。

シレンってのは、階層構造になってるダンジョンを奥へ奥へと、持ち込んだり途中で拾ったりする武器やアイテムを駆使してクリアするってタイプのRPGです。不思議なダンジョンシリーズとかも呼ばれてたりする。

敵を倒すと経験値が貯まってレベルアップしたりするんですけど、ダンジョンを出るとレベルがリセットされてしまうというのが大きな特徴ですね。

じゃあどうやってクリアするのかっていうと、装備やアイテムを調えたり鍛えたり、あとはプレイヤーの経験と運、というか経験です。
ダンジョンをうまく脱出できるといいんですけど、ダンジョンの中で死ぬと装備もお金も全部なくなるので、結構厳しい世界です。世界樹みたいに入り口に戻れるような構造でもないので、脱出アイテムが無かったらもう死ぬかクリアするしかない。

まあなんというか、ダンジョンに何度も潜って脱出を繰り返して武器防具を鍛え上げた挙げ句に杖を振ろうとして間違えて盾を投げちゃって取りに行こうと1歩踏み出した所で罠を踏んで脱出アイテムが使えなくなり、そこに雑魚の集団が現れて、盾が無いからなすすべもなく殴り殺される……といった感じのゲームですね。

シレンのプレイヤーと話したらこの手の話はいくらでも出てくる。
後々になってプレイヤー同士でこういう失敗談に花を咲かせるのも醍醐味ですね。

とはいえ装備を失うとやる気なくなりますが。

今回の私も例によって油断して死んでしまい、しばらくやる気なくなって、開き直って最初から手ぶらでダンジョンに潜って死ぬを繰り返したりしてました。
でも何故か手ぶらでも装備を調えた時と同じくらい進めたりするんですよね…。
というか今回、ストーリーの最初の区切りまで行った時は手ぶらの時でしたし。
脱出アイテムが手に入らなくてヤケクソに進んでいた時でした。それ以来あそこまでたどり着けない……。装備調える意味あんのかコレ……。

で、今もまだ毎度毎度同じくらいの階層まで行っては戻るという不毛な行き来を繰り返し、一体何の修行なんだこれ。
ダンジョンに慣れてきて死を恐れるようになるとこのように全く動きの無いゲームになってしまいます。

まあそんなままで1カ月も遊んでるんだからある意味面白いのかも。

道具を持ち帰ろうとか考えながらやると、こうなっちゃいますね。「基本は死に戻り」くらいの気持ちで進んだ方が先へ進めて楽しいかも知れません。私はそういうタイプじゃないからなぁ。

でも遊び心地はとても良いので、このシリーズに触れてみたいって人には確かに勧められそうな感じ。
結構ちょっとした時間にも遊べるので、「携帯機で何かほしい」って人にもいいんじゃないでしょうか。

私はいつになったら先へ進めるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«家電を揃える